ライカの遠吠えブログ

ポケモンORASシングルレートの構築紹介など

【夢杯&シングル厨使用構築】ノーマルロトムでやっチャイナ!スタン

 

シーズン12ではブログを更新しなかったので久々の記事になります。振り返り記事を書いたのですが、ほぼ全て書き上げたところで記事が消えてしまい、更新を諦めました...。(おそらく2台のPCで別日に書いていたため、昔の内容が上書き保存されてしまった^^;)

 

 今回は11/29(日) 第2回ドリームカップ,12/5(土) 第32回シングル厨のつどいで使用した構築になります。ドリームカップでは2-2,シングル厨では2次予選3-2(オポネント勝負で負けて3位)という、なんとも中途半端な結果しか残せませんでした。

非常に悔しかったですが、レートでも1900チャレンジに失敗し1800台をうろついていたので、今回の反省を活かして改良していきたいと思います。

 

 使用した並びはこちら↓

f:id:Garchomp_bot:20151130062608g:plainf:id:Garchomp_bot:20150711052022g:plain

f:id:Garchomp_bot:20151130062758g:plain    f:id:Garchomp_bot:20141104214201g:plain

  f:id:Garchomp_bot:20150618215730g:plain     f:id:Garchomp_bot:20150812013917g:plain

 

ノーマルロトムでなんとかアイデンティティを保っている構築となります←

 

【構築経緯】

シーズン12はずっとフーディン軸の改良を図っていたのですが良い案が生まれず、思うようにレートが上がりませんでした。特に化身ボルトロスクレッフィのようないわゆる害悪ポケモンには散々苦しめられたので、シーズン13はとにかく害悪対策がしっかりと出来ているパーティを組みたいと思ったところからスタートしました。

そこで最初に注目したのが素眠りいびき型ニンフィアです。ボルトロスクレッフィのいばみが電磁波戦法にヘイトを貯めずむしろ起点に出来る点が魅力的に思えました。また自分が知っている中で最も早くいびきニンフィアを使っていた方が身近におり、愛着があったということもあります。ちなみに研究室の先輩であるブイズ使いのTunaさんです→  いびきニンフィア(ぐーふぃー) - イーブイの遠洋漁業

このニンフィアの積み起点を必ずと言っていいほど誘うメガ枠を考えたところ、最初にパッと浮かんだのがボーマンダでした。S10でも使用していたので扱い慣れており、迷いなく採用を決めました。マンダの型は個人的に最も強いと思っている竜舞恩返し(or八つ当たり)型とし、ニンフィアもしくはマンダで積んで一貫を作ることを想定の勝ちパターンとします。

これらの積み起点を作るために、「状態異常撒き」+「蜻蛉帰りorボルトチェンジによる有利対面のセッティング」をすることが出来るポケモンが基本選出の最後の枠として優秀であると考えました。
まず状態異常に関してですが、S10に使用したオボンサーナイトなど、鬼火と電磁波を両立できるポケモンはかなり使い勝手が良いと感じていました。それに加えとんボルチェンも併用可能ポケモンロトム系統しかいません。その中でもメガ前ガルーラを僅かに抜いているS91族であり身代わりに恐れず対面から状態異常を撒ける点、かつ浮遊+ゴーストの耐性の優秀さに魅かれノーマルロトムを採用。もはやマイナーポケを入れたかっただけという説もありますが採用理由を振り絞りました。ポケモン愛とはこのこと。

この後は回しながら取り巻きを変えていきました。初めはボーマンダと相性が良いことで有名なマンムースイクンと、マンダの裏選出のメガ枠として優秀なバシャーモを採用し回してみました。しかしファイアローニンフィアが重すぎるので炎枠をヒードランに変更。挑発を仕込むことで害悪パやギミックパにも多少強くなり、コンセプトにも合っています。

またボルトロスは基本的にニンフィアで見ることが多くマンムーの選出率がとても低かったこと、更にゲッコウガが重かったことを考慮して地面枠をスカーフ霊獣ランドロスに変更。ランドロスの威嚇や蜻蛉帰りも同様にコンセプトに合っており、非常に使い勝手が良かったです。スイクンは今まで身代わり瞑想型ばかり使ってきましたが、ニンフィアと役割対象が重なってくるため今回はゴツメ枠として採用。マンダ,ランドの威嚇や、ロトム,ドランの鬼火との相乗効果もあり、頼もしい物理受けでした。ゴツメ枠の中でも事故が少なく安心できるポケモンであると感じました。

 

以下個別解説です。基本選出は先発ロトムニンフィアボーマンダ、裏選出は先発ランドロスニンフィアスイクンが多かったです。┌( ・w・ ┐)┐おれは?

 

 【個別解説】

f:id:Garchomp_bot:20151130062608g:plainZ〈゜v゜〉S ニテルカナ??

ロトム(NN:やっチャイナ)@きあいのタスキ
特性:ふゆう
性格:おくびょう
努力値:C252 D4 S252
実数値:125-×-97-147-98-157
・たたりめ ・ボルトチェンジ
・おにび  ・でんじは

解説

レートで当たった人やシングル厨で出会った人のほとんどに「フォルム間違ってない?」「採用理由は?」と聞かれた可哀そうな子。ボルトロスが気合い玉を打ってきたりゲンガーがヘドロ爆弾を打ってきたり、ノーマルロトムノーマルタイプじゃないよ??と言いたい場面が何度かあって面白かったです。誰かノーマルロトム入りのノーマル統一作ってください。

正直S105族+浮遊ゴースト+鬼火電磁波両立が可能なムウマージ下位互換にも見えそうですが、ボルトチェンジが使えることと電気タイプが付与されている点は立派な差別点であると言えます。ボルトチェンジは物理耐久の高いボーマンダと特殊耐久の高いニンフィアが裏にいるため、受け出しがしやすく有利対面を作るのに便利でした。電気タイプに関しては耐性面や攻撃面にももちろん嬉しい恩恵があるのですが、電磁波や蛇睨みで機能停止しないことは大きなポイントとなります。FCロトムと比べて耐久がかなり低くなっているのでその点を補うためにCSぶっぱのタスキとしました。

基本的には初手に出し、状態異常を撒きたい相手ならば鬼火or電磁波、そうでなければボルチェンでマンダかニンフを後出しします。選出画面の段階でどのポケモンに負担をかけておくかを見極めておくと良いです。状態異常を入れて機能停止に持ち込んだら、ボルチェンで有利対面を作り積むか祟り目で倒します。祟り目の火力も軽視できない程度には強く、状態異常時の無振りマンムーに対して135~160(72.9%~86.4%)ダメージ入ります。

状態異常が読まれて身代わりを張られても最悪ニンフィアでケア出来ること、逆にニンフィアからロトムバックしたいときに身代わりを張られないことは優秀な並びだなと感じました。ゲンガーに身代わりされると絶望するので人読みとかが必要になります。

NNはドリームカップでスリスさんと当たるかもしれないと思って煽りNNにしてみました。別ブロックだったのでショックです。クスリをやっちゃってるのか!?と思うくらいの機敏で奇妙な動き、かつ状態異常撒き+祟り目型なので似合っていると思っています。完全に目が逝ってる Z〈゜v゜〉S

 

f:id:Garchomp_bot:20150618215730g:plain

ニンフィア@オボンのみ
特性:フェアリースキン
性格:おだやか
努力値:H252 B108 C124 D4 S20
実数値:202-×-99-146-166-83
ハイパーボイス ・いびき
・めいそう    ・ねむる

解説

こちらもいろいろな人に「なんで穏やか?」「なんでオボン?」といろいろ聞かれました。性格に関しては控えめ,図太い,穏やかなど人によって好みが分かれると思いますが、パーティや立ち回りによって変わってくるのかなと思います。自分の場合はハイパーボイスで負担をかけていくよりも瞑想をガン積みして3タテを狙う場合が多かったこと,ゲンガーが重めであり対ゲンガーに厚くしたかったことが主な理由です。
持ち物に関してはカゴのみ、食べ残しなど他にも有用な持ち物がたくさんあります。どの持ち物も独特な動きが出来て使用感がガラリと変わるのがとても面白いです。サイクルの中で負担をかけていくケースが多い場合は控えめカゴとかの方が使いやすいかなあと思います。

起点となる対面で瞑想を選択し、CSメガゲンガーに後出しされたケースを想定して考察してみます。

ヘドロ爆弾のダメージ

D±0:134~162(66.3%~80.1%)
D+1:92~110(45.5%~54.4%)
D+2:68~84(33.6%~41.5%)
D+3:56~68(27.7%~33.6%)
(追加効果で毒を引いた場合、さらに毎ターン25ダメージが付与)

ダメージ量から分かるように、D+3までいけばCSメガゲンガー対面でも眠る→いびき→いびき→眠る→・・・のループが間に合います。
D+3まで積むためにはゲンガー対面で2回瞑想を積む必要がありますが、ヘド爆で毒を引かなかった場合、D+1ヘド爆→D+2ヘド爆→D+3ヘド爆ダメが全て最高乱数を引いても262であり、オボン込みの疑似的なHP252であれば高確率で耐えます。(3回目のヘド爆は毒を引いても即眠るため無関係)
最悪の状況を想定してダメージ計算をするとギリギリに見えますが、そもそもD+2からの対面であったり、HSメガゲンガーや非メガ,ヘド爆切り個体,ヘド爆を持っていてもヒードラン交換読みシャドーボールなど、余裕を持って積める展開になることが多かったです。

このような展開からいびき眠るープに持ちこめると追加効果の毒も入らなくなり、有利な状況に一転します。最後のいびき圏内になったら道連れを押されることが多くいったんいびきをせずに様子見します。道連れされなかったら再び眠る、道連れされたら起きるタイミングで瞑想を1回挟むことが出来るようになるため耐久力はさらに上昇していきます。絶対に自信のあるタイミングや道連れを8回確認してから倒せば問題ないでしょう。

以上のような点から、ゲンガーに倒された回数よりも倒した回数の方が多いです。しかし急所で死んでいくので悠長な立ち回りをすると危険です。

ドリームカップ、シングル厨、レートにおいても圧倒的に選出率第1位であり、驚くほど使いやすかったです。調整に関してはベストではないので、もう少し煮詰めていきたいです。(記事を書きながら初めてダメ計しました)

 ダメ計眺めて思いましたがタラプも面白そう・・・

 

f:id:Garchomp_bot:20150711052022g:plain

ボーマンダボーマンダナイト
特性:いかく→スカイスキン
性格:いじっぱり
努力値:H116 A132 B4 D4 S252
実数値:185-200-151-×-111-172

・おんがえし ・りゅうのまい
・じしん   ・はねやすめ

解説

今回のパーティでは隠す気もさらさらない唯一のメガ枠。相手の選出の読みやすさにも繋がっています。
はじめはS10のマンダと同じ型を使っていたのですが、地震無警戒の後出しや身代わり読みをされることが多く、痺れを切らして身代わり→地震に変更してみたところ刺さりました。ニンフィアとの同時選出が多いため、鋼に対する打点の確保として今回のPTには適していたように思います。なおナットレイに関しては地震より身代わりの方が安定するので変更後重くなってしまいました。

調整に関しては全く変えていません。もともと恩返し/龍の舞/羽休めを意識した調整であったので、身代わりを切った今回の型でも普通に使いやすかったです。(というより慣れた調整の方がダメージ感覚が染み付いていて立ち回りやすかっただけ...?)

詳しくはこちらの記事参照↓

【シーズン10最終2100達成構築】 鬼火バシャーモ始動 爆炎乱舞ぽーわンダ (2109)

 またニンフィア+マンダの並びとしてわっきぃさんのブログも参考にさせて頂いたので無断ではありますが参照しておきます。

【シングル】Dancing snore on me!〜ナットマンダ〜【S11最高レート2186&中間レート1位到達】 - 海色少女に溺れていたい

 

f:id:Garchomp_bot:20141104214201g:plain

ランドロス@こだわりスカーフ
特性:いかく
性格:ようき
努力値:H4 A252 B4 D4 S244
実数値:165-197-111-×-101-156

・いわなだれ ・はたきおとす
・じしん   ・とんぼがえり

解説

一般的なスカーフランド。

構築の最後に入ってきた枠で初めのうちは全然選出しなかったのですが、たまーに選出するとほとんど毎回MVP級の仕事をしてくれたので、徐々に選出率が上がっていきました。最終的にはかなり選出率は高めの重要な存在となっています。ランドを選出する際はランドニンフスイクンの並びで選出することが多かったですが、基本的にどのポケモンとも相性がよく感じました。

ゲッコウガがいたら高確率で初手に選出します。初手にロトムを置くと悪波で怯んだり、ラムの実持ちのいわゆる信用可能ゲッコウガと呼ばれる個体も増えているので有利対面とは言い難いからです。

実はこれまで拘りアイテムを全くもって使いこなすことが出来なかったのですが、安定した受け先が用意できていれば非常に強力なアイテムだと認識できました。普段使い慣れていないポケモンやアイテムも積極的に構築に組み込んでいけるようになりたいですね。

 

f:id:Garchomp_bot:20150812013917g:plain

スイクンゴツゴツメット
特性:プレッシャー
性格:ずぶとい
努力値:H204 B236 C44 D4 S20
実数値:201-×-181-116-136-108

・ねっとう ・れいとうビーム
・ほえる  ・ミラーコート

解説

こちらもごくごく普通なゴツメスイクン。Cは冷ビ+ゴツメで無振りガブに対して乱数下2つ切って落とすよくある(?)調整。Cに割きたかったのでHかBから削る必要がありましたが、ゴツメ枠として最大限物理耐久を高めておきたかったのでHから削っています。

高耐久といえどガルーラやマンダに後出ししても受けきれないので、ランドロスの威嚇を上手く使いながら実質耐久力を高めて後出ししていくのがベストです。

技構成に関しては熱湯冷ビは確定。バトンなどのギミックや積み防止用に吠えるが有用だった場面も多いです。最後の1枠には眠る,ミラーコート,リフレクターなどいろいろ候補がありますが、今回はミラーコートを搭載してみました。相手もミラコ警戒しているのか1発目で決まる場面は少なく扱いが難しかったです。補助技で透かされても一度技を見せれば次のターン以降も警戒してもらえる点は優秀でした。

 

f:id:Garchomp_bot:20151130062758g:plain

ヒードラン@たべのこし
特性:もらいび
性格:ひかえめ
※非理想個体かつ明確な調整理由がないため割愛

かえんほうしゃ ・ラスターカノン
・おにび     ・ちょうはつ

解説

役割対象であるニンフィアを迅速に処理するためのラスカ、瞑想眠る型を起点にさせない挑発は確定。炎技には噴煙を採用していましたが微妙に火力が足らない場面が多かったので放射に変更。ガブバックを読む際には素直に鬼火を打つようにしました。食べ残しの必要性はナゾですが、身代わりや守るを警戒させるという点では便利だったかも...?

今回のパーティで最も活躍しなかったポケモンであり、ドリームカップでもシングル厨でも不意の目覚めるパワー地面で倒れていきました。改善するなら真っ先にこの枠を変更します。ドラン自体も使い慣れていないせいもあったと思うので、メガネなど他の型を試してみるのもアリだなと思っています。

 ふむ┌( ・w・ ┐)┐

 

【重いポケモン

マンムー
むちゃくちゃ重い。有利対面を取れるのがスイクン(と一応ロトム)しかいなく、スイクンの後出しが出来なくなるまで削られるとサイクル崩壊します。

ナットレイ
マンダの身代わりを切った弊害。ヒードランの選出が余儀なくされますが、ドランを含む安定して強い選出パターンがなく、立ち回りが難しいです。

ニンフィア
同様にヒードランを出さざるを得ない選出になります。型が多いため選出も立ち回りも対処に困るポケモン。むしろニンフVSドランは負けた場面の方が多いのではないか。

・ゲンガー
タスキかメガか分からない点が一番つらいです。初手ならロトムで対応できますが身代わりされると詰むので、なんとかケア方法を確立したいところです。

・ヒートロトム,ウォッシュロトム
電磁波も鬼火も入らないヒート,抜群技の取れないウォッシュ。どちらもマンダで突破できずニンフを後出ししてもボルチェンで帰っていくお調子者。スイクンミラーコートを採用した理由の一つでもあります。

 

これ以上書くと「体重0.3kgのロトムが重いとは何事!?」 とYブさんが煽ってくるのでやめておきますm(._.)m

 

 【シングル厨 簡易対戦レポ】

ーーー1戦目:afouさん 勝ちーーー
相手選出:カメックス/ウルガモス/化身ボルトロス(ナットレイ/ガブリアス/マニューラ)
自選出:ランドニンフドラン

ナットレイが重いのでドラン選出。相手のプレミや選出にも救われて、ニンフで積み3タテ。
(※追記)afouさん視点ではスカーフランドをケアした技選択であったらしく、プレミではなかったようです。失礼いたしました。

ーーー2戦目:ななはねさん 負けーーー
相手選出:ニンフィア/エーフィ/ブラッキー(ウインディ/サンダース/シャワーズ)
自選出:ランドニンフドラン

同じくニンフィアが重いのでドラン選出。ニンフドラン対面で挑発を打ったらエーフィを後出しされて、めざ地急所で無事死亡。持ち物をメガネと一点読みせざるを得ずニンフで積むも、サイコショック持ちで無事死亡。いびきのダメージ的におそらくチョッキでした。なんともうーん・・・って感じの試合。仕方ないですね。

ーーー3戦目:うじおさん 勝ちーーー
相手選出:ゲッコウガ/ライコウ/ランドロス(ヘラクロス/ゲンガー/ファイアロー)
自選出:ロトムニンフマンダ

そろそろロトム出したかったのでゲッコウガいたものの選出。ライコウ対面でニンフが瞑想積み3タテ。

ーーー4戦目:コムコムさん 負けーーー
相手選出:ぺラップ/キノガッサ/マニューラ(ガブリアス/トゲキッス/バシャーモ)
自選出:ロトムニンフマンダ

ロトムでぺラップ処理、ニンフガッサ対面で胞子読みいびき成功、種マシンガン読みボーマンダ後出し時に気合いパンチ。ここで異変に気付くべきでした。ガッサを処理後マニュで猫の手胞子展開。死に出しニンフで処理できるだろうと思ってマンダで悠長に居座っていたら剣の舞を2回積まれ、ニンフが氷柱落とし圏内となりました。おしゃべりが猫の手で出ないのを知らなかったので完全に知識不足による敗北でした。(知っていればガッサ対面で居座り続けることができた)

ーーー5戦目:いつわさん 勝ちーーー
相手選出:ポリゴン2/ギルガルド/リザードン(カバルドン/フシギバナ/マリルリ)
自選出:ロトムニンフマンダ

マンダで舞って3タテできたものの、相手のプレミに救われた部分が大きいです。やはり1次予選で体力消耗してしまっているのかなーと思いました。初手トレースポリゴン2対面でボルトチェンジから入ってしまいましたが、マンダの受け出しを出来ないようにするために鬼火から入るべきであったのでこちらにもプレミがあります。反省。

 

結果的にスイクンを1回も出さなかったので、もうちょっと試合したかったなぁと思いました。自分のミスも絡んで決勝リーグに行けなかったのは本当に悔しいです。
ドリームカップの方の試合はツイキャスにライブ履歴が残っているので見たい方はどうぞ。(4戦目のかざさんとの試合オススメ)

【さいごに】

どんな構築を作っても絶対に重いポケモンが出てきてしまって辛いですね><
それがポケモンの面白さの一つでもあると思います。自分はまだまだ取り巻きの構築力が足りないなーと感じているので、もっと幅広い視点で煮詰めることが出来ればなと思っています。

シーズン13はモンハン発売によって過疎りそうですが、モンハンばかりじゃなくてポケモンの方もやっチャイナ! Z〈゜v゜〉S