ライカの遠吠えブログ

ポケモンORASシングルレートの構築紹介など

(シーズン4構築) アシパエーフィ軸加速バトンパ

 

はじめましてライカと申します。
シーズン4で使っていた構築を公開しようと思います。
初めてブログを書くので拙い部分もあると思いますがよろしくお願いします。

 

シーズン4で最高順位は38位、最高レートは2005でした。

 

f:id:Garchomp_bot:20140602181747g:plainf:id:Garchomp_bot:20140602181742g:plainf:id:Garchomp_bot:20140602181731g:plain

f:id:Garchomp_bot:20140602181739g:plainf:id:Garchomp_bot:20140602181736g:plainf:id:Garchomp_bot:20140602181744g:plain

 

今回のパーティはバシャビルドバトンパです。
相手がどんなパーティだろうがバトンパで攻める変な構築です。

 

バトンパの辛い点として、

・選出パターンが限られる
・積みを無効にする急所
・滅びの歌、一撃必殺、吠える、吹き飛ばし
・バトン先のポケモンやバトンタイミングが読まれやすい

などの点が挙げられます。特にXYはメガシンカポケモンがエースになる構築が多く、それらのポケモンへのバトンタッチは非常に読まれやすいです。またバトンした瞬間はメガシンカできておらず種族値も低い状態なので負担がかかります。
これらを上手く対処するために構築を練りました。

  

以下、解説です。

 

f:id:Garchomp_bot:20140602181747g:plain

エルフーンきあいのタスキ

おくびょう いたずらごころ
136(4)-×-105-129(252)-95-184(252)

・ちょうはつ ・エナジーボール
・おきみやげ ・ひかりのかべ

積みの起点作り。基本は壁土産か挑発土産。
置き土産は壁張りと違い相手側の交換を誘うので、急所の試行回数を減らすことにも繋がり安定した。また、交換により想定した対面も作りやすく、裏をかくような対策もしやすくなったと言える。
攻撃技にエナボを採用したのは、マリルリに腹太鼓させないため。マリルリに置き土産は関係なし...

 

f:id:Garchomp_bot:20140602181742g:plain

ロトム@ひかりのねんど

ずぶとい ふゆう
157(252)-×-157(124)-125-144(132)-97

ボルトチェンジ ・ハイドロポンプ
ひかりのかべ  ・リフレクター

起点作り2枠目。陽気最速ファイアローがちょくちょくいて、エルフーンが土産なしで散っていくことが多く、挑発持ちアローとも択に迫られて辛かったため採用。
先制ボルチェンになってしまうとバシャが無償降臨でなくなるのがエルフーンとの違い。クレセやバナなどにも後攻ボルチェンにしたかったため、S個体値は31ではない。細かい調整はしてない。

ガルーラ等にも身代わりを張られやすいのでボルチェンで壊しがてら交換出来る程度のCは確保したかったが、耐久を優先した。Bは意地鉢巻カイリューの逆鱗耐え,Dは臆病メガリザYのソラビを最高乱数以外耐え調整。

 

f:id:Garchomp_bot:20140602181731g:plain

バシャーモバシャーモナイト

わんぱく かそく
メガシンカ前 187(252)-140-123(172)-×-101(84)-100
メガシンカ後 187(252)-180-134(172)-×-111(84)-120

・どくづき   ・ビルドアップ
・バトンタッチ ・がんせきふうじ

このパーティの要となるバトン要員。
毒突きはパーティでフェアリーが一貫しており必ずと言っていいほど選出されるニンフィアサーナイトマリルリを葬るため。Dは眼鏡ニンフィアのハイボを2耐え調整。
岩封はアロー、ギャラ、ボルトロスを意識。アローはビルド1積みで意地鉢巻ブレバも耐える。倒すかバトンするかは相手のパーティ次第。

耐久の補強はもちろん、大幅なAの上昇による最低限の火力の確保と、無振りでも1回加速でガブを抜くためにメガ枠とした。またメガシンカのメリットとしてバトンタッチがばれにくくなった点も大きく、バトン際に鬼火が一切飛んでこなくなった。

鋼に対して何も出来ない珍しいバシャーモ

 

 

f:id:Garchomp_bot:20140602181739g:plain

ガブリアス@こうかくレンズ

いじっぱり さめはだ
211(220)-200(252)-115-×-105-127(36)

・ダブルチョップ ・いわなだれ
・じしん    ・ほのおのキバ

バトン先1枠目。ガブの持ち物ランキングで堂々のランキング外、名前すら載らずその他の持ち物にくくられる広角レンズ。

ラムが欲しくなることはほとんどなく、ダブチョ、雪崩、更には炎の牙まで3試合連続で外し負けに繋がったことから、勝ちの期待値が一番大きくなるのは命中率を上げることだと感じこれを採用。バ トンが成功したらほぼ間違いなく勝利に導いてくれた。

Sは2回加速で陽気スカーフガブ抜き。

 

f:id:Garchomp_bot:20140602181736g:plain

エーフィ@アッキのみ

ひかえめ マジックミラー
172(252)-×-102(172)-166(4)-122(52)-134(28)

・めいそう    ・アシストパワー
・あさのひざし  マジカルシャイン 

バトン先2枠目。バトンパにとって最悪の技「ほえる」「ふきとばし」や状態異常技をもろともしない安心安全のバトン先。ビルドアップからのエーフィバトンはほとんど読まれず、電磁波やあくびを跳ね返すことも多い。

ビルド2積みしないと十分なBを確保できないが、1積みでバトンしたい場面が多かったので持ち物はアッキ。ポリ2やカバ等、受けポケモンがいる場合には積極的に選出する。

環境次第でマジカルシャイン,身代わり,めざ炎などは選択。
Sは1回加速でメガゲン抜き。BDは適当。

バトン先の中で一番活躍した絶対的エース。 

 

f:id:Garchomp_bot:20140602181744g:plain

バンギラス@シュカのみ

いじっぱり すなおこし
188(100)-204(252)-130-×-120-101(156)

かみくだく ・れいとうパンチ
・じしん   ・かわらわり

エース3枠目。エーフィorガブでは、ギルガルドクレセリアの並びが重かったため採用。ガブ・エーフィが出しにくい時にしっかりと活躍してくれた。けたぐりを覚えさせて輸送したのに、ポリ2を意識して瓦割りに変えてしまった。多分ミス。

持ち物はバシャから一貫する地面を考慮しシュカ。風船は割れやすく、ラムは腐りやすかった。シュカにより、冷パンの刺さるガブやランドロスが見える時に躊躇わずに選出できるようになった。

 ==================

 

 選出率は、先発としてエルフとロトムが半々、バシャは絶対選出、バトン先は少々エーフィが多いがどれも同程度といったところです。正確にカウントしていないので分かりませんが、しっかりと役割分担出来ていて良かったです。

 

パーティ全体としては、

ガブ → クレセ、ポリ2、つぶて持ち
エーフィ → 悪ポケ、鋼ポケ
バンギ → マッパ持ち

などがそれぞれ重いので、これらが組み合わさると選出に迷いました。
あと滅びの歌、一撃必殺持ちは誰であろうとやはり辛いです。

 

しかし実際は辛いポケモンよりもぱっと見辛いが実は辛くないポケモン(マリルリ等)が選出されることが多く、選出誘導の大事さを知ることができました。

 

ちなみに他のバトン先要因としてローブシンドリュウズ,起点要因にダグトリオなども使い結構活躍しましたが、詳細は割愛します。

個人的に大好きなバトンパでここまで来れると思っていなかったので、良い構築が組めて非常に満足です。

 

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 f:id:Garchomp_bot:20140714134310p:plain